TFC World 無線モデム ウェブショップ

ヘッダ.png

タイトルバー 小エリア.png

TFX301FB A.jpg■ ご提供価格
  ・TFX301FB (送受信装置)   ⇒ ¥173,000 (税別)
    付属品 ⇒ 信号コネクタ、取付け金具、取扱説明書

  ・TFR300FA (受信専用装置) ⇒ ¥138,000 (税別)
    付属品 ⇒ 信号コネクタ、取付け金具、取扱説明書

   メーカーサイトはこちら ⇒ 株式会社テスコムLinkIcon

■ TFX301FB (送受信装置) の特徴
  ・小エリア無線通信システムの無線設備標準規格に準拠しています。
  ・GPS測量機器やテレメータ、長距離データ伝送用として活用可能です。
  ・『1対1』、または『1対N』による装置構成でのデータ伝送が可能です。
  ・屋外に設置可能な『IP45』に準拠した防塵、防雨構造となっています。
  ・使用する周波数は『348.5625MHz~348.8000MHz』の帯域です。
  ・通信チャネルは『12.5kHz間隔の20チャネル』で構成しています。
  ・通信チャネルの変更はディップロータリーSWによる手動切替えが可能です。
  ・発振方式は水晶制御による周波数シンセサイザ方式を採用しています。
  ・送信出力は『1W』です。
  ・送信出力を約1/5以下に低下した消費電力低減モードの選択が可能です。
  ・RS-232Cのデータをコマンドレスで送受信します。
  ・オプションでCMOS入出力(3.3±0.3V以内)の選択が可能です。
  ・外部アンテナが使用可能な受信専用装置(TFR300FA)との通信が可能です。

   取扱説明書はこちら ⇒ TFX301FB.pdfLinkIcon

■ TFR300FA (受信専用装置) の特徴
  ・GPS測量機器やテレメータ、長距離データ伝送用として活用可能です。
  ・TFX301FBとの『1対1』、または『1対N』によるデータ受信が可能です。
  ・屋外に設置可能な『IP45』に準拠した防塵、防雨構造となっています。
  ・使用する周波数は『348.5625MHz~348.8000MHz』の帯域です。
  ・通信チャネルは『12.5kHz間隔の20チャネル』で構成しています。
  ・通信チャネルの変更はディップロータリーSWによる手動切替えが可能です。
  ・発振方式は水晶制御による周波数シンセサイザ方式を採用しています。
  ・RS-232Cのデータをコマンドレスで受信し、接続装置にそのまま出力します。
  ・オプションでCMOS入出力(3.3±0.3V以内)の選択が可能です。
  ・外部アンテナが使用可能なBNC接線となっています。

   取扱説明書はこちら ⇒ TFR300FA.pdfLinkIcon


タイトルバー 特定小電力.png

TFX410A.jpg ご提供価格
  ・TFX410A (送受信装置)   ⇒ ¥110,000 (税別)
    付属品 ⇒ 信号コネクタ、取付け金具、取扱説明書

  ・TFR400A (受信専用装置) ⇒ ¥90,000 (税別)
    付属品 ⇒ 信号コネクタ、取付け金具、取扱説明書

   メーカーサイトはこちら ⇒ 株式会社テスコムLinkIcon

■ TFX410A (送受信装置) の特徴
  ・特定小電力無線局用の無線設備標準規格に準拠しています。
  ・『1対1』、または『1対N』による装置構成でのデータ伝送が可能です。
  ・屋外に設置可能な『IP45』に準拠した防塵、防雨構造となっています。
  ・使用する周波数は『429.1750MHz~429.7375MHz』の帯域です。
  ・通信チャネルは『12.5kHz間隔の46チャネル』で構成しています。
  ・通信チャネルの『01~06』は送信時間及び、送信休止時間を自動規制します。
  ・通信チャネルの変更はディップロータリーSWによる手動切替えが可能です。
  ・発振方式は水晶制御による周波数シンセサイザ方式を採用しています。
  ・送信出力は『10mW』です。
  ・RS-232Cのデータをコマンドレスで送受信します。
  ・簡易電界測定機能及び、消費電流を低減する間欠受信機能を有しています。
  ・外部アンテナが使用可能な受信専用装置(TFR400A)との通信が可能です。

   取扱説明書はこちら ⇒ TFX410A.pdfLinkIcon

■ TFR400A (受信専用装置) の特徴
  ・TFX410Aとの『1対1』、または『1対N』によるデータ受信が可能です。
  ・屋外に設置可能な『IP45』に準拠した防塵、防雨構造となっています。
  ・使用する周波数は『429.1750MHz~429.7375MHz』の帯域です。
  ・通信チャネルは『12.5kHz間隔の46チャネル』で構成しています。
  ・通信チャネルの変更はディップロータリーSWによる手動切替えが可能です。
  ・発振方式は水晶制御による周波数シンセサイザ方式を採用しています。
  ・RS-232Cのデータをコマンドレスで受信し、接続装置にそのまま出力します。
  ・消費電流を低減する間欠受信機能を有しています。
  ・外部アンテナが使用可能なBNC-J接線となっています。

   取扱説明書はこちら ⇒ TFR400A.pdfLinkIcon